人気ブログランキング |

<   2019年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

奈良墨イベントをイオンモールで!



昨日は奈良墨イベントを
近畿圏最大級のショッピングセンター、
橿原イオンモールで開催しました^^


・書画パフォーマンス
・書道ワークショップ
・作品展示

と盛りだくさんでした^^




書画パフォーマンスで書いたのは
「創造」


\勢いをつけて/
奈良墨イベントをイオンモールで!_b0405445_21551126.jpg


\2階からも!/
奈良墨イベントをイオンモールで!_b0405445_22074463.jpg



私のパフォーマンスはその土地にあった
作品にしたいと思っています。

今回は、日本のはじまりとされる
橿原に合った作品に。




\なにができるの…?/
奈良墨イベントをイオンモールで!_b0405445_09470949.jpg

見に来てくれた^^




パフォーマンスでは
初めて水墨画に挑戦し、
大和三山を描きました。
制作時間は15分。



\橿原らしい作品に/
奈良墨イベントをイオンモールで!_b0405445_21583749.jpg










書道ワークショップでは受付も
定員に達したため早めに締め切り、
小さなお子さんからお年を召した方まで、
たくさんの方にご参加いただきました。



\みなさん真剣!/
奈良墨イベントをイオンモールで!_b0405445_22002876.jpg




\オッケー/
奈良墨イベントをイオンモールで!_b0405445_22034456.jpg



“墨を磨る”ということが新鮮で、
みなさんすごく集中されているのが
印象的でした。

みなさんが書いた作品もズラリ!



\見ていて楽しい!/
奈良墨イベントをイオンモールで!_b0405445_22055630.jpg





本日もパフォーマンスの作品も含めた
作品展を開催しておりました。



\イオンに妖怪!?笑/
奈良墨イベントをイオンモールで!_b0405445_22101732.jpg



\黒い妖怪ウォッチも!/
奈良墨イベントをイオンモールで!_b0405445_22085659.jpg




墨に触れて、楽しんでいるみなさんを
見ることができて嬉しかったです!

お越しいただいた方、
ありがとうございました(^^)



by ouka_yokai | 2019-11-24 21:04 | イベント

最近のまとめ



いろいろまとめたブログになります。




すべてが先日の話…
すぐに書かずにまとめて書く私、
書かねば!と言って書くのもなぁ、、
書きたい時に書けるだけ綴ります。






最近行った展覧会まとめ



・正倉院展

→評判通り、記憶に残る品々。
 毎年正倉院展は予習をしてから見に行きます。
 知ってみるのと知らないで見るのは
 1300年の歴史の感じ方が
 なんだか全然違う気がするからです。
 聖武天皇が履いたとされる靴の中、
 小指のすり減り具合をみて
 時代を越えたリアルを感じました。



・東大寺ミュージアム
 
→正倉院展にあわせた展示を。
 こちらも貴重なものが多く、
 関連付けて楽しめました。



・元興寺にて瓦展

→ニッチな世界で面白い…
 見たことなかった観点から見れるのは
 新鮮で、瓦が残っているということは
 すべて廃寺…と思うとなんだか
 儚さも感じられました。


・和歌山県書道資料館

→私が通っていた
 奈良教育大学 書道科の教授、
 天石東村先生の書作品を見に行きました。
 私の好きな書家の先生がそこで
 書道教室をされているのをその場で知り
 びっくりたまげた!!のもいい思い出。





\またもや奈良教大の書道家/
最近のまとめ_b0405445_10424228.jpg





関西の書家や書道の先生は
出会う人大体が奈良教育大学卒です。
規模も大きいしねぇ









和歌山に行ったついでに
和歌山城にいったり、灯台にのぼったり。





\眩しいくらいがいい/
最近のまとめ_b0405445_10301465.jpg







うん、どれもとても良かった。












映画ではジョーカーを観ましたね



\鈍くて軽やかなステップ/
最近のまとめ_b0405445_10254318.jpg
※画像は公式hpから





なんともいえず
すべてが絶妙。




私が好きな「黒」でしかなかった映画。
ふつふつと心に湧くものがありました。



気になったのはね、



あの映画を見て、よかった!!!!
・・・と絶賛される方は、
どういうところに良さを感じるのか。
気になりますねぇ



この映画が
今の時代を掴んでいる、となると




この時代は相当悲しいのです。

そして共感できる自分がいる。





ジョーカー、ぜひ。






お出かけしたらね、
近鉄電車には
こんな広告がありました




\あ、わたし!/
最近のまとめ_b0405445_10345482.jpg



SNSでは発表しましたが、
逢香が奈良墨のイベントを
開催することが決定しました◎

場所はなんと、
近畿圏最大のショッピングセンターである
イオンモール橿原です。



詳細はこちら
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
♦︎ ワークショップ 
・日程 11/24(日)
・時間 ①11:00~ ②13:00〜 ③14:30~
・場所 1F サンシャインコート

♦︎ 書道ライブパフォーマンス 
・日程 11/24(日)
・時間 16:00~16:30
・場所 1F サンシャインコート

♦︎ 作品展示
・日程 11/24(日)・25(月)
・場所 1F サンシャインコート
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




作品展示は
「黒い妖怪ウォッチ」をはじめとした
妖怪画などの作品およそ20点を
展示します。新作あり!


橿原には本当にご縁があるなぁ



ぜひいらしてください^^
頑張ります◎




イオン公式の詳細はこちら
https://kashihara-aeonmall.com/news/event/2533



最近のまとめ_b0405445_13441525.jpg


by ouka_yokai | 2019-11-19 09:59 | 日記

ありがとう!天平行列




昨日は私にとって最後の
秋の天平祭天平行列でした。



奈良時代の天平衣装をまとった
男女120人が練り歩く。
これを実現させるのって、
本当にすごいことです。





\現代に奈良時代の行列/
ありがとう!天平行列_b0405445_22302843.jpg




天平行列自体は1300年祭以前にもあったそう。
そこからずっと続いてきて、
毎年重ねるごとに豪華になっていっています。



私が初めて参加したのは5年前のミス奈良のとき。
そこから徐々に変わっています。



今年は実際に現在、
正倉院展に展示してある
正倉院宝物のレプリカが増えました。
小さい小物であっても作るとなると大変です。
進化するためにたくさんの人の
労力と技術が使われていることが
よくわかります。




今まで天平行列に参加させていただくことが
私は有難いことにかなりありました。
奈良でなくても東京で着る機会もありました。


簡単な天平衣装であれば、
自分で着ることができてしまうくらい
着慣れた時期もありました(笑)
これ、ちょいと自慢!(笑)







毎回、驚かされるのは
衣装や小道具に使われている技術です。

 






この布は?この文様は?
この色は?この飾りは?







天平衣装は単に煌びやかに
しているわけではありません。
奈良時代の資料を参考に、
かなり正確に、忠実に作られています。


生地もしっかりとしたもので、
天皇のお袖だけでも結構な重さです。
お袖にも工夫があって、
見える部分だけではなくて、
見えない裏側にもとてもきれいな
刺繍の入った生地が使われています。
どこまでも手のこんだ衣装です。



そして髪型もこだわっています。
昨日、写真で見てもお分かりいただけますが、
それぞれどこか違っていたりします。






例えば。
今回私は聖武天皇の後に続く女官でした。
女官の場合は、髪の毛は全部あげます。
前髪を下に垂らさないそうです。
(今までに例外はあったかもしれませんが…!)






\カツラですよ/
ありがとう!天平行列_b0405445_22315994.jpg








今までいろいろな役をさせていただき、
それぞれ髪型が違っていて
「今回の役はどんな髪型だろう」
と楽しみにしていました^^



ちなみに、
頭についているお団子が2つの人は独身女性。
お団子が1つの女性は既婚の女性です。
奈良時代はえらくわかりやすかったんですね!(笑)








メイクもこだわりがあります。
女性はおでこと口元に
花鈿(かでん)という赤い点々をつけます。

お年をめした天皇なら
赤色ではなくて緑になるなど
お化粧ひとつにも決まりがあるんですって。










・・・と、何回も天平衣装を着て
東京で天平祭の誘致活動をしたり
メイクさん、衣装のスタッフさんと
いろいろお話をしたりしていると
奈良時代の知識が入ってきて
面白かったなぁ



近くで見ていてわかったことは、
膨大な資料収集からはじまり
たくさんの人とひとつのイベントを
作り上げる大変さ。






「私たちね、
これを伝統行事にしたいのよ!!!」


昨日言われたこの一言に、
とても熱いものを感じました。
















奈良の人が、奈良のために。







それってとても
すてきなことだなぁと、

昨日改めて思いました。









行列はJR奈良からはじまり、
東大寺で参拝。最後は転害門へ。





今まで貴重な経験をさせていただき
本当にありがとうございました!
写真も撮っていただいた方、
とても嬉しいです^^










このお祭りが、
伝統行事として長く続くことを
心から願っています。












\奈良の人が奈良のために/
ありがとう!天平行列_b0405445_23044206.jpeg

↑2017年 西大寺にて






by ouka_yokai | 2019-11-04 22:09 | 日記


一体、ばけものたちはこの世の中をどう思っているのでしょう


by 逢香 ouka

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
イベント
日記
展覧会
メディア
未分類

検索

以前の記事

2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 01月

最新の記事

妙な個展
at 2020-04-03 11:25
鹿さんの記録
at 2020-03-26 23:28
北陸の旅
at 2020-03-23 16:06
朝から波を
at 2020-03-20 09:59
奈良町で見つけた作品たち
at 2020-03-17 20:05